えりんぎのノッティンガム大学日記

ノッティンガム大学マレーシア校に通っている日本人のブログです!現在はノッティン学大学イギリス校に交換留学しています!インスタ@eringinoryugakuも宜しくお願いします!!!

夏休みボランティアいかがですか!!

youtu.be

 

引き続き沖縄のボランティアです!

 

長い夏休み、楽しいだけでなくいつもやらないようなことしてみませんか??

 

沖縄の久志地域と呼ばれる場所は沖縄の文化を大切に守っている地域です。そんな素敵な場所で9泊10日間のボランティア活動。最高な思い出にならないわけありません。

 

ボランティア活動中には地元のウコン農家のお手伝いや、ビーチクリーニング、地域の中学校の訪問、地域行事のお手伝いなど様々な活動に従事します!

 

参加するメンバーともすぐ打ち解けられる空間が広がっているので、楽しい仲間とともに10日間過ごせると思います!

 

ボランティア活動だけでなく、民泊もします。民泊では地域のおじい、おばあの家に泊まり、リアルな沖縄の生活を体験できますよーー!!

 

夏やることないなー

何か新しいことしたいなー

と思っている方がいらっしゃったらぜひ!!!

 

ecoff.org

 

夏に沖縄でボランティアどうですか?

こんにちは!

みなさん、夏の予定は埋まりましたか?

バイトやサークルの合宿、花火大会、バーベキュー、海、など楽しいことがたくさんありますがボランティアも楽しいですよ〜

 

 

ecoff.org

  • A日程:2019年7月27日(土)〜8月5日(月)【9泊10日】1名申込済み/定員8名 募集中
  • B日程:2019年8月9日(金)〜8月18日(日)【9泊10日】8名申込済み/定員8名 満員
  • C日程:2019年8月24日(土)〜9月2日(月)【9泊10日】1名申込済み/定員8名 募集中
  • D日程:2019年9月7日(土)〜9月16日(月)【9泊10日】1名申込済み/定員8名 募集中

 

是非どうぞ!!

イスラム教徒の聖職者になる少年たちに会って来た

www.malaysia-magazine.com

 

こんにちは、マレーシアマガジンでもう一本記事書きました

 

今回はイスラム教徒の聖職者になるために日々修行をしている少年たちに会って来ました。

 

彼らの目は本当にキラキラしてて

まっすぐに、正直にイスラムを信じているんだなと目を見て感じました。

 

私は無宗教で、無宗教であることを誇りに思っていました

なぜなら自分の信じている宗教がないぶん、全ての宗教を中立的な立場でみて、感じて、考えることができると思っていたからです。

 

でも今回純粋に自分の信仰している宗教をまっすぐに信じる少年たちを見て

「特定の宗教を素直に信じるとこんな目がキラキラするのかな」

「なんか羨ましいな」

と率直に思ってしまいました。

 

特定の宗教を信じないぶん、物事を中立に見れることは確かです。

でも何か、自分がめげそうになった時、自分がどうすれば良いからわからなくなってしまった時、心の支えが欲しくなるのはありますよねー

 

友達、家族、兄弟、

 

周りの支えがあるにはある、けどそれが何か物足りなく感じてしまう人もいるでしょう

 

宗教を信じることでその物足りなさがないんだなと思いました

 

特定の神様を素直に信じることで、絶対的何かを信じることで自分の素直な道を開拓している少年たちがなぜか羨ましくなったんですね〜

 

はい、これはただの感想ですー

 

こういう感想って書いておかないと忘れてしまうのでブログで書きました

 

感想って100%自分との対話、自分の写し絵ですね

 

 

ブログを怠っていました

ブログを怠っていました

 

マレーシアマガジンというところで1ヶ月のインターンをしているのですが取材等々を通して色々マレーシアの良さを再認識できている気がします

 

そしてマレーシアマガジン関連でありがたいことになんとハリラヤのオープンハウスに行くこともできました!

ハリラヤというのはラマダン(断食期間)明けのお祝いです!家族が集まったり、お年玉のような存在のお金をもらえたり、、、

みんなハリラヤのために新しい服を来て集まります!

つまり日本のお正月のようなものです!

 

そして家族が集まるだけでなくオープンハウスと言って知り合いをお家に呼んで一緒にご飯を食べるというのもハリラヤ時期にある行事の1つです!

 

そして今回は私もしっかりマレーの正装をしてオープンハウスに行きました!

 

そしてこちらがオープンハウスで出された食べ物の数々!!

 

マレー料理、味がしっかりついてて美味しいんです

そして多分1つ1つ高カロリーなんです

でも美味しいからお腹そんなに減っていなくても食べてしまうのです

 

 

 

カリーパフと言って私の中ではミニカレーパンと呼んでいるのですがこれも最高です

しかし多分高カロリーしかし私は気にしない

 

という感じでオープンハウス=たくさん食べる

 

という認識で行きました

 

食べましたーーー!!!

マレーシアでインターンしています、その感想です

今マレーシアでインターンしていて思う事まとめます

 

その1やっぱり自分が楽しいと思うことをやろう

自分が楽しいと思うとモチベーションあげなきゃとかああ、これやらなくちゃいけなんだよなとかそんなこと思わなくなります

逆にああ、暇な時間あれば何か手伝いたいとか、何か仕事くださいいいってなります

結局私にとってのモチベ〜ションは仕事が楽しくないか、楽しいか、自分に合っているのか、合っていないのかだと思います

そして今のインターン先はもう120%マッチング大成功だと思います

周りの人もこんなちんちくりんの大学生と対等のようにお話ししてくださり、最高な方々だなと思います。

そして将来メディアの仕事につきたいと思う私なので取材に行けるチャンスをたくさんくださるインターン先はめちゃくちゃ神です

まじで自由にやらせてくれて最高中の最高です

今年まじで運いいわ

 

その2体は資本です

やる気があってモチベーションがあって仕事を楽しめて、、、

これが揃っていても体力がないと持ちません、体が元気じゃないと外に出れません

なので、いかなる状況であっても元気でいることって大切なんだなって心から思います!健康が一番と多くの人が言うのはそう言うことですね

 

その3なんかよくわからないけどとりあえずやってみる

そう!これです、最初の入り、入り込むことが大切だな〜と思いました

実際私はメディアに関してわからないことだらけです。写真の撮り方から文章の構成から動画の撮り方まで、、

わかることはあるのでしょうかと自問自答してしまうほど何もできないちんちくりん人間なのです。

でも最初の一歩は踏み入れました。この最初の一歩が肝心だと思います。ここからどんどん踏み込めるように奮起していきましょう!!!

 

 

そして、私のインターン先はマレーシアマガジンです!

最高な方々が作り上げているマレーシアマガジン、ぜひみに来てください〜!!

 

www.facebook.com

マレマガ編集後記〜マレーシアの勉強でまだ慣れないこと〜

編集後記です

 

日本の大学にいる時、参考文献を気にしていたのかな?と思い振り返ってみると気にしてなかったですね笑

時々乗せたらその科目は確実にSもらえていました!!そうだww

多分私が二年生でやめてしまったということもあると思うですが、日本は海外よりもそういう面ではアカデミックに馴れていないのかもしれないですね。

 

マレーシアの学校は正直勉強が中心になるのでバイトの時間などありません。

でもやっぱり私的に最近思うのは勉強中心になりきれないというか、やはり私はメリハリがほしいなと思う日々が最近続きました。

 

そんな中でマレマガに出会えたのは本当に最高でした

もともと記事書くことも文章書くことも好きだったので、マレマガが私の趣味のようなものですね〜

 

でも日本の大学のいいところは趣味をとことん追求する時間が多くあることだと思います!

個人的に思うのは日本人は職人だ!

日本人はもともと職人気質の人が多いと思います

何するにも器用だし、真剣に取り組めるし、何か好きなことに集中できる人多いし

 

でもこの社会に入ってしまうとそんな時間なくなってしまうのは本当に勿体無いこと!!

 

その面で言うとマレーシアは勉強に対して情熱を注いでいると言うか力を入れている人が多いです。つまり趣味勉強みたいな人もいると言うことだと思います笑

 

趣味に熱中できる日本人、勉強に熱中できるマレーシア人

 

やっぱりそれぞれ違っていいですね!

 

日本人は本当に才能ある人、会社入ってその才能を潰してしまうのは勿体ないな〜

多分日本人は自分の好きじゃないことをやらされている、生きるために仕方なくやっていると言う人がほとんどだと思います

本当はやりたいことあるのにできない社会、、、やりたいことをやろうと思うとリスキーだと思われてしまう社会、、安定を求める社会、、、

でもこの社会の構造は変わりませんよね、、

 

なぜマレーシア人が仕事をしていてキラキラしているのか、

個人的に思うのはそれがもう趣味みたいなものだからだと思います

マレーシアはその勉強してきた関連の会社に入る人が多い感じがするので、なのでもともと好きな勉強をしていてその好きな勉強関連の会社に入れたらまあそれはハッピーですよね

 

そう言うことです

 

うまく言えませんが

 

世の中のハッピー増えてほしい

 

 

 

 

 

 

http://www.malaysia-magazine.com/news/40388.html

 

二年生終わりました

二年生終わりました

 

最後の課題がこの二年間で一番やる気出ませんでしたがなんとなく終わらせたのでまあ良しとしましょうという感じです

 

そしてこれから始まるマレーシアマガジンのインターンをしながらのKL生活

 

めちゃくちゃ楽しみすぎて、メディアに関われるワクワク感が止まりません

 

その前に明日はようやくウクレレとともに外にでれます

 

嬉しすぎます

 

後気になっていたカフェにもよって、、、

 

とりあえずやれること最大限にやって来ます

 

バイバイノッティンガムーーー

後1000文字集中してくれよ。

えりんぎさん

 

あと1000文字書けば

 

二年生は終わるよ

 

後1000文字集中してくれや

 

そしたらしこたま遊べるよ

 

マレマガで記事もかけるよ

 

ああ、レポートもやりたいな

 

人間勉強できる人って

 

集中力すごいんだろうな

 

それも集中していると思っていなく

 

無意識化で

 

この書き方、

 

すごい

 

変wwww

 

何これwww

 

おもろwwww

この感情ってなんと定義するのでしょうか

まじでこのセメスターあと1つエッセイ終わらせれば終わるんですが

 

すごくやる気がないwww

 

やばいwww

 

あと日本語の会話が恋しいっす

 

あと友達と色々語る時間が恋しいのとふざけて粗品の真似したりあと最近見つけた永遠に笑える動画を誰かと一緒に見たり、、、とりあえず日本語でふざける時間恋しい

 

すごくジレンマだなと思うのはやはり私は日本の文化で形成された日本人なんです

 

洋楽も聞かないし、洋画よりも日本のバラエティー見てるし

 

だから英語で話すことはできてもそういうポップカルチャーの話題になると全然わからんってなって

 

だから日本帰って日本の大好きなポップカルチャーの話を永遠にできると本当に快適というか心地いいのです

 

これは最近感じるジレンマですよね

 

マレーシアの人と話している時もちょー楽しいんですけれども

将来のことを話したり、マレーシアと日本のこと、最高に美味しいご飯の話をするのもちょー楽しいのですけれども

やっぱり自分の趣味が日本よりなので趣味を共有する人が近くにいないと多分ストレスは徐々に溜まってくるんだと思います

 

あと私は日本の居酒屋が好きなので居酒屋恋しい病です

最近その病気が末期でして、ユーチューブでせんべろ動画を3時間くらい余裕で見ています

でもマレーシアで日本の居酒屋風レストランあるんですけれども居酒屋行くのもまた違う、、って感じで

なんかなんだろうね、この感情

この感情なんて表現すればいいんですかね

 

あとカラオケとかも

とりあえず日本でできることが恋しい病です

でもマレーシアが嫌いって訳ではなくてマレーシアはマレーシアで大好きな場所なのですがやっぱり母国がいいって思えてしまうのかもしれないです

 

例えば水曜日のダウンタウンの昨日の神回とか

ここの友達に話しても絶対見てる人いないですが日本だったら多分そのおもろさを共有できます

 

多分人間って誰かしらと自分の好きなことを共有できないと寂しく思ってしまう生き物かもしれないです

 

マレーシア好きなんだけどこれがジレンマで日本にいると落ち着くーーーってなるのかもしれないです

 

これ、最近気づきました

 

この大学のいいところは周りに何もないのでこういうふとした時に人間の本質に関して考えることができる時間があることかもしれないです

 

でも結局ここで勉強しているインターナショナル学生は自分の国大好きだと思います

例えば一週間休みがあればインドネシア帰るインドネシア人もいれば

土日休みでタイに帰るタイ人もいる

 

やっぱり外に出ると日本の良さがわかるというか外に出てから見える日本もあるということです

 

日本帰るまであと少しですがそれまでこの感情をどうにかうまく説明できるようになりたいですね

 

以上、テスト期間で感情が荒れているえりんぎでした