えりんぎのノッティンガム大学日記

ノッティンガム大学マレーシア校に通っている日本人のブログです!現在はノッティン学大学イギリス校に交換留学しています!インスタ@eringinoryugakuも宜しくお願いします!!!

20歳最後の日

今日は20歳最後の日なので書きます

 

20歳の一年間を振り返ると色々人生が変わる出来事があったかなと思うことばかりです。そして色々周りの環境が変わった年でした。

 

20歳になってすぐの時私はまだ日本にいました。そしてとある場所でマレーシアいくまでのお金を貯めるためにアルバイトを始めました。その時と今の状況を比べると全く違います。あの時は毎日がルーティーンでつまらない生活でした。キャピタリズムの世界に埋もれた自分でした。お金が欲しい!!お金があったら欲しいもの買えて、好きなところに行けて、、、!!だからお金が欲しいということだけを支えにアルバイトをしていました。だとしても頑張ってやっているのに1のことしただけなのに10くらい怒られたり、外国のお客様が来た時とっさに対応したらなんか怒られたり笑理不尽加減に少し腹が立ちましたが彼らはあの世界で生きていっているのだなと思うとなんか私はその世界に一生いる人間でないのでなんかもうこの一瞬を乗り越えればいいかなという考えに至り、最後の方は何にも感じなくなっていました。

 

そして海南にもいってもう一回あの村に行けて

 

そしてノッティンガム大学マレーシア校に来て

 

ノッティンでの生活が20歳の自分の半分を占めているのだと思うとここに結構いるんだなと実感できました。ここの生活は大好きです。変な友達が大好きです。自分のやりたいことができる環境は最高です。

 

日本の大学に通っている時私は何のために学校に行くのか、就職のため?でも就職で自分のやりたいことができない企業に入ってもいいの?何のために英語勉強しているの?学校終わってすぐバイト先に行ったり遊びに行ったりするけどじゃあ学校はいらないんじゃないかとか色々血迷っていました

 

なのであの時日本の大学を辞めてここに来るという決断をして本当に良かったです。

やっぱり20歳は一生、あと何年生きれるかわかりませんが一生忘れないと思います。

30歳の自分が40歳の自分が50歳の自分が過去の自分を誇れるように明日からまた自分のやりたいことをやって生きたいと思います!!!