えりんぎのノッティンガム大学日記

ノッティンガム大学マレーシア校に通っている日本人のブログです!現在はノッティン学大学イギリス校に交換留学しています!インスタ@eringinoryugakuも宜しくお願いします!!!

一年生終了

ご無沙汰してます!

 
5/14に一年生の課題が全て終わりました!
 
一年生の課題が終わったということは一年生過程全て終了した!!!ということです!!
 
 
お疲れでした!!
 
 
なんか9月から初めてのことだらけで決して楽ではない日々でした。
 
 
初めてのセミナーの授業でのディスカッション
何も発言できなかった時も多々ありました。
 
 
専攻の語彙が不足してて、知識も全く知らないままここに来たので最初は言葉の意味さえ理解できない時がありました。
 
 
そして周りはすでにファウンデーションで似たような授業を取ったことのある人が多かったり、
もともとインターナショナルスクールに通ってて英語ので授業が当たり前な子が多かったりと自分と周りを比べて
「自分は彼らと同じ土俵に立てない」
と思って勝手に自分がうまく発言できないことやエッセイの英語力が低いことをバックグラウンドや経験値の差のせいにしていました。
 
 
しかしそんな過ぎた過去のことを言っても仕方ないことです。
だから今頑張るしかないと思い精一杯自分のできることをやって行きました。
 
 
それで頑張って頑張って書いたエッセイでいい点が取れた時の達成感は
 
よっしゃあああああああああああああああああああああああ!!!!
 
っていう感じでもう笑顔が止まりませんでした
 
 
今回のセメスターはなぜか同じ学部の人がちょっと怖くなったり笑
急に他の人の悪口を言うようになったり、
ちょっとのことで人のことを判断するようになったりと
コースメートがびっくりするような変化を遂げ少し戸惑った日々もありました。
コースの中には課題を早く終わらせることができる子がいればそうではない子もいます。
そう言うゆっくり課題を取り組む子に対して「あの子はやる気がない」だとか「勉強しないで遊んでいる」だとか色々言ってて
本当になんでそうやって言うの!?って尋ねたこともありました。
それで前学期よりもコースメートが少し信用できない日々もありました。
しかし同時に他のコースのいい友達と巡り会えて
もっともっと学校生活が楽しくなりました。
その子については違う記事でまた書きます。
 
 
そうやってマレーシアの人間の闇を少し見てしまった今回のセメスターでしたがクラブ活動にたくさん参加できてとても学校生活が充実しました。
 
 
1、Japanese Cultural Night
2、Chinese Cultural Societyの初パフォーマンス
f:id:eringierieriko:20180527160345j:image
f:id:eringierieriko:20180527160350j:image
 
 
3、PHIR Nottのイヤーエンドディナーの企画運営
 
 
色々参加することによって見えて来たマレーシアの良い部分と悪い部分。
 
なんでも経験に勝ることはないと思います。
 
次のセメスターではイギリスに約半年滞在します!
これから夏休みで日本に帰国しますが、できる限りこのブログを書いていこうと思います!
英語の勉強方法とか、どうやって個人で学校にアプライしたか等々書いていければいいかなと思っています!!
9月から私はイギリスの本校に一学期交換留学に行きます。
マレーシア留学のことではなくマレーシア校からイギリスの本校に交換留学した生活をメインに書くことになると思いますが飽きることなく読んでくださる方がいたら幸いです。
 
 
それでは三ヶ月の夏休み、楽しんできます!