えりんぎのノッティンガム大学日記

ノッティンガム大学マレーシア校に通っている日本人のブログです!現在はノッティン学大学イギリス校に交換留学しています!インスタ@eringinoryugakuも宜しくお願いします!!!

マレーシアからイギリスに行ってよかったと思うこと

イギリス留学を振り返った思ったことを書きたいと思います

 

それは

 

マレーシア先に行っておいてよかった〜

 

ということです

 

これはもしかしたら違う記事に書いていたかもしれません

なんか書いてたかなーと脳が感じていますが

でもまとめてはいないので今回はまとめて書きますよ!!

 

何個か書きます!!

 

 

その1:英語をワンランクアップできる!!

 

マレーシアで勉強した経験がある=英語での環境に慣れている

ということになります

つまり

英語がゼロからの状態じゃない!!

つまり

自分は完全に英語できない人間じゃない!!1

と楽観的になれます

そして日本人で英語が喋れるというだけで

 

えりこ(私の本名になります)、英語すごくいいよ!!どうやって勉強したの??

 

とか

 

えりこには日本の細部まで聞くことができて日本の知らないことを知れて嬉しい!!

 

とかとか

 

なんか嬉しいですよね!!

 

やはり一般的にいうとやっぱり日本人=英語できない

と思われることが多いのかも知れませんね

 

でも日本の教育の環境を考えると

どうやって英語話せるようになるんだよ!!!

って本当に思います

だって喋る機会が与えられていない、つまり練習できない環境に置かれてしまっている人間が自然とその能力が身につくなんで0だと思うからです

 

でも環境のせいにしてはだめというジレンマも生まれてきて、自ら環境を変えて練習する機会を自ら作ろう!!と言われてもやっぱり難しいものがありますよね。。。

そこでイギリスで第二外国語を勉強している人の多くが使っていたのはITALKIやスカイプでのオンラインレッスンでした

もしよければググってみてください

 

という調子で毎度のことですが本題にそれました

これはえりんぎのブログではつきものになってきてしまいましたね笑

ごめんなさい!!!

 

ということで本題に戻ると

 

最初の日からネイティブを話すことができる

=ネイティブの英語を最大限吸収できます

 

ということを伝えたかったのです

なので、マレーシアからの留学、私としては本当にやってよかったなと思っています

 

 

その2:私はやっぱりアジアが好き!!って身にしみました

 

住めば都

という言葉がありますが

やっぱり住んで見ればどこも素敵な場所でその土地をしっかり理解することができますし、プラスに感じられる経験を多くできることも事実です

しかし、やっぱり前いたところと比べてしまうことも多かったです

まず、先にいうと

私は食べることとタピオカミルクティーが大好きです

そんな私からするとイギリスの食、結構きつかったです

まずいとかそういう感情はありませんが

 

「これ食べたい!!」

「美味しいもの食べるために頑張ろう!!」

 

というそういう感情が全て無くなります

 

なぜなら好きなもの、これが食べたい!という感情が一切なくなるからです

 

やっぱり何が食べたいのか!?

自分の中で出てくるのは日本料理はもちろんのこと、マレーシアでよく食べた飲茶だったりタイ料理だったり、中国料理だったり、、、、

 

なので個人的に自分は実感しました!

 

自分のテリトリーはアジアだ!!!!

 

 

離れてみてわかるアジアの良さ、

自分がどれだけアジアが大好きなのか、

 

そう、私は生涯アジアで生きていくことを誓いました

 

しかし別にヨーロッパが嫌いという意味ではありません

 

人は一人一人理想郷があると思います

私の理想郷がアジアなだけであってヨーロッパでも大切な経験をされてもらいました、感謝すべき場所です

 

こんな感じで短時間でまとめてしまいました